Company

会社概要

社名
株式会社 益久染織研究所
所在地
〒636-0113 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺南3-5-47
Tel:0745-75-7714 / Fax:0745-74-6110
代表者
取締役会長 廣田益久
事業内容
糸、布、衣料など繊維製品各種の企画・製造・販売
従業員数
24人
取引銀行
三井住友銀行 西宮支店

沿革

1928年
兵庫県西脇市に織物工場の次男として生まれる
1945年
家業の織物工場に従事するようになる
1953年
結婚 日比谷商店西脇出張所に入社
1957年
地元で独立。廣田商店を屋号とし糸商を始める
1960年
商元の倒産に伴い廃業 自宅、山林などの不動産を全て売り払い債務を整理
大阪に転出、岩井産業(現日商岩井)関連で個人事業にて糸商を再び始める
1965年
広一(株)設立し代表取締役に就任 伊藤忠などに緯編、丸編素材を販売
1967年
新潟の藍染め工房にて藍染めと出会い、初めて植物染料の染めの知識と技術を得る
1968年
西脇市に物流センターを設立。
大手小売店や商社からの物流委託業務を引き受ける
1974年
工房「手織りひろた」開業
手紡ぎ、手織り、天然染料染め、藍染め、絣などの工芸手法の教室を開く
後に生徒数延べ400人を超える
1975年
結婚 日比谷商店西脇出張所に入社
1976年
豊橋市の浅倉照雅氏を中心に活動していたガラ紡保存運動に参加
和紡績保存会の結成に従事・加入する
1980年
阪神百貨店に「草木染めの店」を開設する
1981年
中国農村での手紡ぎ・手織り・木綿土布つくりの指導を任され渡中、
中国山東省での活動始まる
1991年
生活協同組合横浜支部の商品検査センターにて和紡布の効果を発表される
1992年
中国山東省にて現在の中国工房を公司として立ち上げる
1995年
阪神大震災罹災。西宮から現在の奈良県斑鳩町に移る
1997年
自然の布館第一号店がパートナーショップとしてオープン
2000年
ホームページ開設
実績のある既存のカタログ販売に加えてインターネットを通じての通販を始める
2003年
旗艦店「奈良もちいどの店」オープン。益久染織研究所のほぼ全アイテムが展示できる店舗となる
併せて「雨城館」「木綿の資料館」開設
2004年
前田雨城先生の講座「色の文化史Ⅱ」開催の事務局を担当
2006年
初の大規模展示会を奈良もちいどの店にて開催
2010年
「自然の布館 奈良三条手つむぎの店」オープン。 手つむぎ糸のストールを主に扱う店舗となる