奈良三条通り店 BLOG

謹賀新年 益久の和紡布ですこやかに。

投稿日:

謹んで新春のお喜びを申し上げます。
昨年は変わらぬご愛顧に心より感謝申し上げます。
本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

とても良いお天気で開けた元旦でしたが
みなさまもよいお年をお迎えになられたことと存じます。
これからの一年が明るい穏やかな日々となりますように。

コロナウイルス感染対策では皆様も色々気をつけていらっしゃることと思います。
手を洗う、三密をさける、人に移さない工夫、感染しない工夫。
元々清潔好きな日本の国民性が良く言われますが
基本のマナーが本当に大切だということですね。

マスクの内側のガーゼ生地も益久綿です。

基本と言えば、生活リズムも、基本に戻って
きちんとバランスよい食事をとって心地良い体温を保つことが
免疫力を落とさず維持してくれるようです。
 

過日の雪が残っていた高円山の大文字痕。8月15日には大の字の山焼きをするお山です。

 
からだを冷やさないように首と足首、手首を温かくしましょう。
それでも仕事や学校、買い出しと冷えてしまうこの季節。
寝る前にはお風呂で全身を温めてからゆっくり眠りましょう。
冬は夏よりも長く寝てよいそうです。

お風呂ではぜひ和紡布のタオルでやさしく皮脂汚れをおとしてくださいね。
益久の和紡布が石鹸いらずなのは
綿本来の繊維が皮脂汚れをよくからめとるからです。
使った後のタオルは良く洗う必要があります。
布に移った汚れをよく洗い落としてから風通しの良い場所で完全に乾かしましょう。

益久の糸は農薬を使わないで健やかに育った棉の繊維をやさしく紡いでできています。
植物繊維に含まれる棉本来の油分、繊維の毛羽立ちが十分に残っているので
この繊維が皮脂汚れをよくからめとります。
洗い上がりがすっきりすることは使ってみて実感していただけます。
和紡布でさっぱりバスタイムを!

タオルは30×95cmと23×85cmの2種類、ふきんは30×30cmハンカチサイズです。

私自身も使ってみるまでは半信半疑でしたが、和紡布のタオルに
たっぷりとお湯を含ませて皮膚をやさしくなで洗いするとお風呂上がりの乾いた後の感じは
さらりとしてと石鹸を使っていたころと変わらぬさっぱり感で本当に感動しました。

でもタオルのお手入れ特に乾かし方はとても大切、スロースタイルです。
化学的な処理で工程を省かない分、製品になるまで
手間はとてもかかっている丁寧なものづくりからできた製品です。
これらは製品になってからもスローな生活態度を要求します。
逆に合成洗剤や漂白剤などを使用しない相性のよい石鹸などで洗っていただくと
丈夫な生地ですのでとても長く生活の役にたちます。

スローな暮らしはコンビニエンスな生活リズムと少し離れた価値観を与えてくれます。
違った視点、違った立場に立てることでお互いを認め合うこと、これからの私たちに必要なことかもしれません。

今年もそんな「丁寧な暮らしへのご提案」を続けていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

-奈良三条通り店, BLOG
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

秋色小物、『チルチンびと』『毛糸だま』掲載のお知らせ

皆さまこんにちは。 グローバルゲートささしま店です。   朝晩に心地よい風が通るようになり、やっと秋らしさを感じられるようになりました。   9月初めより、秋色のストールやポーチな …

サマーセール 速報第一弾

こんにちは!法隆寺店です。 今日は夏至、日本でも外国でも夏至祭りなど これから成長していく植物からの実りを願って色々なお祭りのある日ですね。 一年で一番昼が長い日、14時間も明るいようですよ。 梅雨な …

“綿と暮らす” 中目黒店5月イベントのお知らせ

皆さまこんにちは、中目黒店です。 5月は、木綿の種をまく季節。 皆さまの暮らしの中で、綿ってどんな存在ですか? コットンボールはお花屋さんで見たことあるけど、あれがどうやって糸や布になるの? どのくら …

秋の夜長にお手製ストールはいかがでしょうか?

みなさま、こんにちは! 益久染織研究所 中目黒店です。 金木犀の花が香るこの季節、だんだんと日が短く空気もひんやり。 すっかり秋めいてきました。 と、ここで先にお知らせです。 当店は通常水曜が定休日で …

布なぷきんで実践するスローライフ。

こんにちは、奈良三条通り店です。 さわやかな風も心地よく、過ごしやすい季節ですね。 ただ、紫外線は強くなっていますので日除け対策&熱中症対策は油断なさらないでくださいね。 柔らかに紡いだ益久の糸は表面 …